愛犬にあげるおやつは、無添加の干し肉がおすすめ。

急に涼しくなってきて、気持ちが良い季節になりましたね。

ブログを書くのは久しぶりです。
さくら(トイプードル9歳)は、今日も元気にお散歩へ行きました。

さくらのごはんは、このブログでも紹介したVISIONのごはんを続けています。

夏場は、いつも通り食欲が落ちますので、8~9月は夕方に1食のみでした。

ここ数日からは、朝もごはんを欲しがるようになりましたので、朝は塩分無添加の煮干しを少しだけ与えています。

この写真は、さくらに最近あげるようになった、無添加の日本製干し牛肉に食いつく直前の写真です。

干し肉(牛肉)に食いつくさくら(トイプードル9歳)

日本製の犬用おやつなのですが、国産の牛肉をただ乾燥させただけの無添加の牛の干し肉です。

80gも入っていて、380円とお値段も安いです。

by カエレバ

毎日ではなく、旦那様が出張中でさみしそうなときや、家族で出かけるけどさくらは一緒に行けない場合などや、大雨や台風でお散歩に出られないとき、食欲がなさそうな元気がないとき特別にあげています。

とってもとっても喜びます。

冷蔵庫から出して、袋を開けただけで、飛んできてお座りして待っています(笑)。

だいたい1か月くらいに1袋消費するくらいで、あげるようにしています。

固い干し肉なのですが、くちゃくちゃとカミカミして長持ちするのは、だいたい大きな干し肉にのとき。

写真くらいの細切りの干し肉も入っています。これくらいの大きさの干し肉なら2~3分でペロリです。

小さな干し肉でも、もう少しゆっくり味わってほしいな~と飼い主としては思いますが、ガリガリ!ごっくん!という感じで、大急ぎで胃袋に入れてしまいます・・・。

こういう無添加で乾燥させただけのおやつなら、老犬には安心して与えられます。
大きな干し肉のときは、長く噛むことで、歯垢の除去にも貢献してくれる気がしています。
柔らかい食事だけでは、噛みごたえがないので、犬の本能・欲求が満たされないのでは?と思います。

たまにはさくらが大喜びするおやつ(たいていは何かの干し肉)をあげると、変化・刺激があって、脳が活性化して、ボケにくいのでは~?と考えています。

さくらには、最後の日まで寝たきりにならずに、元気に過ごしてほしいと願っています。

そのためには、飼い主の愛情+毎日の運動*毎日の健康的な食事+刺激(おやつ・新しい出会いやお出かけ)が大切かなと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク