ヒート中に呼吸が速くてしきりに股間を舐める犬(9歳)

ヒート中に呼吸が速くてしきりに股間を舐める犬(9歳)

さくらの様子が、しばらくおかしかったので心配していましたが、元に戻りましたのでそのときの様子を書き残しておきます。

9歳の犬にもヒートがあります。時期は若いときほど正確ではありませんが、やはり1年に1~2回あります。

今回も6月に入って血がぽたぽた落ちるようになったので、ヒートが始まったな~と思っていました。

そして、先週の夜、突然さくらがはぁはぁと早い呼吸をしているのに気が付きました。そしてせわしなく写真のように股間を舐めています。

ヒート中なので、股間を舐めることはよくあります。でも、呼吸が速いのは初めてのことでした。

不安で色々調べると、避妊手術をしていないメス犬が老化したときによくある病気として、子宮蓄膿症かもしれない、と思いました。
https://www.iris-pet.com/wan/jyui/22.html

発情後の黄体期(免疫力が低下します)に細菌が子宮内に、進入し増殖しておこります。卵巣のホルモン分泌バランスが悪いとおきやすい。今まで、しばらく生理がなかったのにしばらくぶりできた後は要注意です。原因菌は大腸菌、ブドウ球菌、サルモネラなど様々です。

でも、いくつかの症状があてはまりませんでしたし(お腹が膨らむなど)、2~3時間ほどすると、呼吸が元に戻りました。

次の日の夜、また同じように呼吸が速くなり、股間が気になるようで、何度も舐めていました。2~3時間すると、また普通に戻りました。

これを5日程繰り返した後、夜になっても呼吸が速くなることはなくなりました。

そして、今は普通に元気に過ごしています。

発情期に細菌が子宮内に侵入することが原因になるとのことなので、散歩のあとは、これまでよりもおしりと股間をしっかり洗うようにしています。

さくら、元気になってくれて、良かった~。もっと一緒に生きていきたいな。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク