室内犬にとって、バスタオルは土代わり。外で土は掘らずに、家の中でバスタオルを掘る犬。

土は掘りませんが、家でバスタオルを掘る犬。

これは、うちのさくら(トイプードル犬 9歳5か月)が掘ったバスタオルです。さくらに何度もカリカリと掘られて、爪にひっかかった糸が、飛び出てボロボロです。

もう何代目のバスタオルでしょうか・・。

ソファをカリカリカリカリ・・・・!!とすごい勢いで掘るんです、うちの犬。

そのため、常にバスタオルをソファの上に置いています・・・。もちろん、さくらの部屋の中にもバスタオルを置いています。

さくらは、家の外で土を掘ったことはありません

家族で公園にお出かけした時のさくら(9歳4か月)

でも、家の中では、ごはんを食べたくないときに、バスタオルを部屋から引きずりだして、鼻で少しずつバスタオルを動かして、ごはんの上にバスタオルをかけます・・・。

バスタオルを土の代わりにしているんだと思います。

昔住んでいたところの近所に、その家の庭で飼っていた柴犬がいました。そこの庭はでした。柴犬が時々鼻を使って、ごはんに土をかけているところを見たことがあります。

さくらが、バスタオルをごはんにかける様子は、それに似ているな~と思います。

また、興奮したときや、座る場所を決めるときに、前足で、高速で、ガリガリガリ・・・!とタオルをひっかきます。

昔近所で飼われていた柴犬は、暑いときは、ガリガリと前足で土を掘って、冷たい土を出して、そこに座っていました

さくらは、座る前にガリガリとバスタオルを掘るのは、それに似ています。

毛の生えたクッションよりも、バスタオルのほうが、爪に糸がひっかかるのが楽しく、本能的なものなのか、前足高速カリカリ率は高いです。

いらないバスタオルを、犬部屋の中にくしゃくしゃに入れておくと、ときどきカリカリカリカリ掘っている音が聞こえてきて、面白いです♪冬は、保温効果もありますよ。

犬部屋にバスタオルを入れる場合は、1週間~2週間に一度は、洗濯しないと、犬のにおいがしてきますので、ご注意を。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク