9歳4か月。左目が痛そうな老犬さくら(トイプードル)。

左目が痛そうな老犬さくら(9歳トイプードル)

最近、左目が痛そうなさくらは、9歳4か月のトイプードルです。

目の周りは、白髪が増えましたが、体毛全体としては、白髪は目立ちません。よく見れば、背中と目の周りに白髪が多いな、くらいです。

犬って老犬になっても、見た目は若々しいんですね。人間のようにシワがないし、体毛全部が真っ白にならないからかもしれません。

さくらの右目はかなり白く濁っていますが、左目にはまだ透明な水晶体の部分があります。白く濁っている部分もあります。見る時は、左目で見ているように思いました。

でも、最近はとても左目を痛そうにしていて、よく涙を流しています

かわいそうに・・・。

右目が白くなる前にも、右目を痛そうにしていました。気づいてから2~3週間はずっと痛がっていました。右目のときは、眼球に傷があるわけでもなく、血が出ているわけでもなかったのですが、心配で動物病院へ連れて行きました。

しかし、獣医さんにもわからなかったようです。「たぶん、怪我したんだと思いますよ」と言って、コンドロイチン入りの目薬を出してくれました。

「これで目を保護します」と言っていました。

嫌がるさくらを抑えて目薬をさしてあげても、痛みは取れないらしく、やはり痛がるさくらでした。そして、痛みが取れたのかな・・と思う頃には、右目の水晶体がうっすらと濁っているように見えました。

その後は、時間をかけて少しずつ白く変化していきました。2年くらい前(さくらが7歳)のことです。

今回は、左目ですがそのときの痛がり方とよく似ています。たくさん涙が出て、めやにもでるので、散歩から帰ったときは、お湯でふやかして綺麗に洗ってあげています。

左目はとても痛そうなのですが、散歩や外出は、とっても嬉しそうに行きます。

「行くよ~!」と言うと、全身で喜んでいます。

目が痛くても、散歩が大好きなのは変わらないです。

今日は雨なので行きませんでした。部屋でふて寝をしているさくら・・・。左目が痛いのもあるかもしれませんが。

また晴れたら、散歩へ行こうね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. まゆみ より:

    こんばんは。さくらちゃんの目ですが、痛がっているようですが緑内障では?と思いました。うちのルビーもうっすらと白内障になってきたようで、点眼薬で進行を遅らせていますが、オペも考えてあげたいとも思っています。しかし全身麻酔(と思われます)なので年齢的に躊躇してしまいます。冬にルビーとペルルそろって避妊手術を受け、まだ期間が経っていないので・・・。(身近で子宮蓄膿症にかかり危なかった子たちを見ましたので慌ててオペをしました。)

    • Rei より:

      まゆみさま。コメントありがとうございます。
      コメントをいただいてから、緑内障について調べてみました。確かにうちのさくらは緑内障かもしれませんね。
      最初に動物病院へ連れて行ったときは(2~3年前)、まったく緑内障については触れられていませんでしたので、私も考えにありませんでした・・(たぶん若かったからだと思います)。
      まず右目を痛がっていると思っていると、濁ってきて・・2年後くらいに左目も痛がり始めたように記憶しています。左目もだんだん濁ってきました。その間に、右目も少しずつ白くなっていっています。自然な老化現象だと考えていましたが、何とかできるならしてあげたいとは思います。ただ、全身麻酔は、年齢的に辛そうですね。できるだけ居心地良く過ごさせてあげて、自然にまかせるのも1つの方法かもしれないと思うことがあります。難しいですね・・。