目が白くなっても散歩が大好きな犬

目が白くなっても散歩が大好きな犬

うちの犬は、9歳です。

年を取ると、今まで活発だった犬でも散歩に行くのを嫌がったりし始めると聞いたことがあります。

しかし、うちの犬は全くそんなことはありません。

「(散歩に)いく?」というと、耳をぴくりと動かし、鼻を一瞬ぴくぴくさせた後に、「きゅ~~~っん!!!」と嬉しそうな声をあげて、玄関まで突進していきます。

こちらの準備に時間がかかってしまうと、こらえきれずに部屋のトイレでくるくる回ってうんちをしてしまうほどです。

犬が年を取ったからと言って、犬の散歩をやめてはいけないと思います。人間と同じです。人間も年をとって寝たきりになったとたんに、ボケてしまうと聞きます。

体をよく動かしている人ほど、ボケにくいし、健康寿命が長いですよね。

うちの犬(さくら)にも、できるだけたくさんの散歩時間を取ってあげたいと思っています。

たとえ目が悪くなっても、さくらが散歩へ行くことが嬉しいと思う限り、外へ取れていってあげようと思います。

筋力をキープし、脳の衰えを防ぐためにも老犬の散歩はとても大切なことでしょう。自分で立ち上げることができなくなったら、犬の寝たきりが始まるそうですから。死ぬまで自分で立ち上げることができるように飼い主としてもがんばりたいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク