トイプードルの毛を自分でトリミングする方法

自宅でトイプードルの毛をカット うちのトイプードル犬さくらの毛は、いつも自宅で旦那さんか私が切っています。

お金を払ってプロの人にトリミングをやってもらったことが一度だけあります。 とっても可愛くなってびっくりしました。 耳にはリボンがつけられておしゃれな女の子になっていました♪ (写真が見当たらないので見つけたらまたアップします)

自宅で犬の毛を切るときの注意点

9年以上トイプードル犬を飼ってきて、 ずっと自宅で毛をカットしています。 これまでの経験で注意したほうが良いと思うことをまとめました。

目の回り・顔の毛のカット

目の近くをはさみで切るときは危ないので、 うちでは先が丸いはさみを使っています。

ゾーリンゲン ゲーゾル はさみ11cm“思い通りのお手入れ!…

ゾーリンゲン ゲーゾル GOSOL はさみ11cm 価格:2,250円(税込、送料込)

こういうはさみです。
赤ちゃんの爪を切ったり、大人の鼻毛をカットしたりするために 先が丸くなっています。
これなら目の近くを切るときに、はさみの先が目を突き刺したりすることはありません。
管理人は、体毛を切るときもこのはさみを使っています。

毛を切る時間

あまり長時間、カットしていると犬が疲れます。
そのため、1回15分くらいで休憩するか、また別の日に切ると良いと思います。

子犬~5歳くらいまでは、毛をカットされるのがかなり嫌だったらしく、 はさみを取り出すだけで、しっぽを丸めて部屋へ逃げていました。

「さくら、可愛くしてあげよう~!おいで(嬉しそうな声で)」というと、 しぶしぶ部屋から出てきますが、やはりしっぽは下がったままです・・。

9歳になった今でも、好きではなさそうです。

冬は毛を短くし過ぎない

だんなさんが、さくらの毛が短いほうがカワイイからと、 よく短髪(?)にします。

でも、冬場に毛を短くしたときは、震えていました・・・。

そのため、12~2月くらいの間は、できるだけ毛を伸ばすようにしています(まあ、限度がありますが)。

毛が長いと、1月・2月でも、めったに犬が震えることはありません。
やはり毛と毛の間に温かい空気が貯まり、保温効果が高いのだと思います。

そういえば、ピンシャーはほとんど毛がありませんが、 寒くないのでしょうかね。

近所のピンシャーは、冬になるとセーターを着ています・・・。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク