恐怖のドッグフード6

ソファの下でくつろぐ犬
ソファの下でくつろぐ愛犬さくら。

IMG_3220
さくらは、ソファの下、ローテーブルの下、椅子の下、机の下が好きです。

狭いところを見つけては、移動してごろ寝をしたり、飼い主を観察したりしています。

今日も、ドッグフードについて書きます。

Reiは、理解し納得するまで調べつくすタイプですので、もうしばらくドッグフードネタにお付き合い下さいませ。

さて、ユーカヌバを始めとする多くのフードには、硫酸第一鉄といいう物質が含まれています。鉄分補給のために添加していると思われます。

硫酸第一鉄(FeSO4)というのは、青緑色の結晶です。

水に溶け、空気中で徐々に酸化され表面に黄褐色の塩基性硫酸鉄(III) Fe(OH)SO4 を生じます。

一般的な用途しては、インキ、紺青の製造原料、還元剤、媒染剤、医薬、木材防腐剤などに利用されています。

硫酸第一鉄というのは、粉ミルクや健康食品にも使用されています。添加物として認定されていますが、服用すると、胃腸障害(吐き気・嘔吐・下痢・便秘)などの副作用があることが知られています。

このような物質を私たち人間や愛犬が、このような物質を口にしたいでしょうか。

硫酸第一鉄について、雪印工業が面白い実験データを公開していました。

ラットによる動物試験データによると、鉄・ラクトフェリン(これが雪印の商品)は大過剰量の投与をしても胃あれを起こさないが、食品用の鉄素材のうち、硫酸第一鉄を大過剰量投与した群では、出血と壊死が認められました、というものです。

http://www.snowbrand.co.jp/felf/about/merit.html

↑メーカーに都合の良いデータを掲載しているとも考えられますが、雪印工業は、鉄強化食品関連で多数の特許を取得しており、特許公報中に多数のデータを公開していますので、信頼できると考えてもよいと思います。

硫酸第一鉄に関しては、ペットに限らず、人間の場合も、副作用を抑える方法がない限りは摂取しないよう気をつけたほうが良さそうです。

ドッグフード一つとっても奥が深く面白いですね。

今後も、Reiなりにペットフードに関することを調べて、わかりやすくまとめて、記事を掲載していこうと考えています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク