加熱した鶏の骨付き肉も大好物

加熱した鶏の骨付き肉を食べるトイプードル犬さくら
加熱した鶏の骨付き肉と格闘するさくら。
加熱した鶏の骨も細かく砕いて全部食べました。


昨日は、生の鶏の骨付き肉を与えたのですが、今日のウンチも状態は良好で、いつもと変わりない様子です。
愛犬が健康で、食欲もあり、食事を楽しんでいるのは、飼い主冥利につきます。
生の鶏の骨はワンコに与えても良くて、加熱した鶏の骨は尖るため危険だ、などという情報もありますが、そういった情報は根拠がありません。そういう情報を提供する場合は、それをきちんと立証する義務があるとReiは思います。
また、「~と聞いたことがあります。」などというのは、理由ではありません。
生の鶏の骨と加熱した鶏の骨との硬度試験を行って、どちらが固いのか比較した人がいるでしょうか。
また、生の鶏の骨と加熱した鶏の骨を犬にかじらせて、その断面がどれほど異なるのか比較したのでしょうか。
家に硬度試験の測定器がないので、正確な数値はわかりませんが、さくらが食べているのを見る限りでは、加熱した骨のほうが噛み砕きやすそうでした。つまり、加熱したほうが柔らかいということです。
加熱した鶏の骨を与えるな、という人の中に、研究職の人がいらっしゃれば、大学・企業などの研究室に硬度試験機があると思います。それで、加熱時間を変化させて骨の硬度がどのように変化するのかを調べることを一度試してみてはいかがでしょうか。
よく、「加熱した骨は硬くなる」などという記載を見ますが、全く根拠がないと考えています。何の検証もせずに、人が言ったことを鵜呑みにするほど愚かなことはないと考えています。
骨にはたんぱく質が含まれていますが、熱によりたんぱく質は変性することは周知のとおりです。変性することにより、たんぱく質の三次元立体構造が壊れることから、たんぱく質を含む骨も、電子レンジで数分程度の加熱によりもろくなるはずです。
Reiが、愛犬に与えて観察した限りでは、生の鶏の骨と加熱した鶏の骨を犬にかじらせた場合の断面では、ほとんど大差はありません。なお、骨の割れ方は、あくまで犬がかじったときに生じる衝撃でなくては意味がありません。従って、ハンマーや調理バサミで加えた力での割れ方を比較することに意味はありません。
また、補足すると、割れ方がどうであれ、さくらはさらにそれを細かく砕いています。2cmくらいの骨のかけらでさえも、何度も口に入れて、噛み砕ける角度になるまでくわえなおしてからバリバリと噛み砕いて喉に通るサイズにしてから食べています。
ただし、上述した内容は、他の飼い主の方に、生の鶏の骨や加熱した鶏の骨を愛犬に与えることを推奨しているものではなく、Reiの独断で検証し、その感想を述べているものです。
このブログは、Reiが書きたいように書きますし、Reiが与えたいと思うものを愛犬に与えますので、検証していないどこからか聞きかじった情報やアドバイスに耳を傾けるつもりはありません。
しかし、自分なりに考えながら、独自の判断で食事を与えている飼い主もいると思います。そのような方で、もし愛犬に生の鶏の骨と加熱した鶏の骨を犬に与えて問題があった場合は、お気軽にお知らせいただけると嬉しいです。その際は、どのような症状だったかを詳細にご教示いただけると更に嬉しく思います。
現在のところ、さくらには、骨付き鶏肉(生or加熱は、肉の新鮮度によって決めます。)をメインの食事したい考えです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. Panaowner より:

    はじめまして。
    ご参考になれば幸いです。
    「加熱した鶏の骨は愛犬の食餌に最適!」
    http://plaza.rakuten.co.jp/aikentotozan/diary/200505050000/

  2. franc(管理人) より:

    Panaownerさん
    コメントありがとうございます。 m(_ _)m
    そして、非常に貴重なサイトをご紹介していただきまして感謝いたします。
    サイト管理人さまご自身で検証を行った上で、鶏の骨についての結論を出しておられると理解いたしました。その姿勢に感銘を受けました。また、francの考え方と同じベクトルの考え方をお持ちの方がいらっしゃることがわかって嬉しく思いました。
    内容が濃く、量が多いため、まだすべてを拝見しておりませんが、すべて読ませていただきます。
    また、このブログへもどうかご来訪くださいませ。

  3. お竹 より:

    はじめまして!
    秋田犬とヨークシャーテリアを飼っている
    お竹と申します。
    子供の頃、おばあちゃんちの近くの鶏舎で飼ってた犬は、鶏肉も骨も食べてました。
    すごく元気で、私が中学を卒業するまで生きてて
    老犬になっても毛もツヤツヤでした。
    それを見てきたので、今巷で言われている
    『鶏の骨は危険』というのに疑問を感じてました。
    知人の家では、人間が食べた後のケンタッキーの骨を与えていて
    愛犬が美味しそうに食べているのも見ました。
    ケンタの時はいつも骨を与えるのだとか…。
    こんな小さなトイプーのさくらちゃんでも
    全然平気なんですね!しかも美味しそうに食べてますね!
    うちも、鶏の骨をあげてみようと思います(^-^)

  4. franc(管理人) より:

    ★お竹さん
    コメントありがとうございました。m(_ _)m
    鶏肉・骨を食べて老犬になっても毛がツヤツヤだったとの情報をありがとうございます。
    また、ケンタッキーの骨をあげているご友人のワンコは喜んでいると思います。
    骨については賛否両論がありますが、各飼い主が判断していけばいいと思います。
    当ブログはfranc宅のトイプードルさくらに当てはまるものでありますが、他のワンコに当てはまるかどうかは全くわかりません。
    その点はご理解下さい。
    人間の食べ物がダメだという情報は、おそらくですが、意図的に情報操作されていると思います。そのほうが得する人(会社)があるからです。もちろん玉ねぎなど控えたほうがいいものもあるのは事実です。
    本に書いてあるから、専門家が言っているからという理由で盲目的に信じるのではなく、その情報をどう判断して、どのように行動するのかが大切だと考えております。
    本や専門家が100%正しいわけではありませんし、すべてを知っているわけではありません。専門的な知識がなくても、経験的に飼い主が詳しいこともたくさんあるのです。
    また、遊びに来てくださいね。