犬のウンチの正しい処理方法

犬を飼い始めて、悩んでいることがあります。
それは、散歩時の犬のウンチの処理方法です。

みなさんは、どのようにされていらっしゃいますか。
お散歩中のトイプードル犬さくら。
(散歩中のトイプードル犬 さくら(0歳7か月)。


散歩中の犬のウンチについて日々思うこと

散歩をしていると、いたるところに放置された犬のウンチがあります。
公園にも放置ウンチが沢山あります。

また、歩道と車道の間に立っているポールの根元には犬のおしっこの跡があります。
ウンチ等をされた歩道の前の家の方はどんなに迷惑だろうと思います。

公園・川原・マンション・アパートの敷地内には、
「犬のフンは持ち帰りましょう」「フンの始末は飼い主の責任」などの立て札がありますが、
持ち帰ってどのように処理するかはどこにも書かれていません。

今考えられる正しい犬のうんちの処理方法

1.持ち帰り、自宅のトイレに流す
2.持ち帰り、普通ゴミに出す
3.公園や庭の土に埋める・燃やす
の3つが考えられます。

上記処理方法の問題点

1.の問題点

1.は、ウンチが地面に落ちる前にトイレットペーパーで拾わなければ、土・石・草・ゴミなどがウンチに付着します。ウンチ以外の小石などをトイレに流すと、トイレのパイプや下水管を傷めるという問題があります。

しかも、下水道法違反となります。

また、トイレットペーパー以外(例えば、新聞紙)のもので拾うと、その新聞紙は、トイレに流すことができないため、結局、2.の処理も行う必要があります。

2.の問題点

2.は、当日のウンチの処理にはよい方法だと思いますが、Reiが住んでいる区では、収集は、週2回となっていますので、それ以外の日のウンチは、自宅に置いておくということになります。

臭いが半端じゃないですし、衛生上もよくないです。

3.の問題点

3.についてですが、犬のウンチの成分はほとんどが有機物(炭素・窒素・リンなど)であり、そのほかには消化されなかった繊維、菌類を含むものです。

人間のソレと同じだと考えています。

菌類には、サルモネラ菌・ぶどう球菌・大腸菌なども含まれています。

公園は、公共の場所です。
糞がいくら土に返るからといって、犬のフンを埋めることにより、フン由来の病原菌が人間に害を及ぼすこともありうるわけです。

自分の子どもが公園の土で遊んで、その手を口に入れることを考えてみてください。

ひどい腹痛を伴う腸炎になるかもしれません。ひどい場合は、生命を脅かすかもしれないのです。

自宅に庭がある方は、場所を決めて、ウンチを埋めるという方法もありかもしれません。

下水道法違反について

トイレにペットのウンチを流すのは、下水道法の違反とのことですが、これは事実です。

下水道法第2条の1(下水という用語の定義)「生活」とは人間の生活を指しているため、ペットの糞尿は放流不可とのことです。

トイレに犬のうんちを流すのは下水道法違反である理由

理由としては、下記が挙げられるとされますが、Reiの意見を書きます。

*下水処理場では殺菌等の処理をして放流しているが、100%完全にすべての菌が死滅するわけではないので、ペットの糞尿を下水に流すと、本来、人間の体内に存在しない菌が河川・海域に放出される。

最近、下水処理場の放流水が再生水・中水道・雑用水として利用されていたりします。

→反論:人間とほぼ同じものを食べており、同じような生活をしているため、人間の体内に存在しない菌が存在するとはいい難いと思います。なお、動物病院の動物や、人間とは生活スタイルが異なる家畜の牛や鶏なら別だと思います。

*本来土や砂・木の葉などフン以外のモノ、又は公園などでは流してはいけない紙やビニール袋まで流す人がいる。

→反論:これは、モラルの問題であり、紙やビニール袋まで流すこととペットのウンチを流すこととは別です。
下水道法の違反としても、これは法律の反対解釈をしているだけであり、ペットのウンチをトイレに流してはいけない明確な理由はないように思います。

居住地域の回答

そこで、どのようにウンチを処理するのが正しいのか調べてみてもわからなかったので、地域の環境事業センター(ゴミの収集などに関するところ)に直接電話して聞いてみました。

最初は、「トイレに流して下さい。」という返事でしたが、

・その回答をインターネットで公開する
(→これを多くの人が読む→スタンダードな処理方法になる可能性あり)

・下水道法の違反と聞いたことがある

ということを話すと、調査・局内で検討の上、折り返し電話してきてくれました。

結論としては、上記「2.持ち帰り、普通ゴミに出す」として下さい、ということでした。

そして、出すときは、においが漏れないように、ビニール袋に入れて口を縛るように下さい、とのことでした。
しかし、収集日でない日のウンチはどうすればいいのか?聞くと、
やはり、
上記「2.持ち帰り、普通ゴミに出す」という返事でした。

ゴミの日まで待っていては、いくらビニール袋で縛っても、ビニール袋は、臭い分子は通しますから、完全に臭いを防ぐことはできません。

マンション部屋のどこに散歩で出した犬のウンチを置いておくというのでしょうか。
これは、ペットを飼ってない人の意見だとしか思えません。

ペットを飼っている人が非常に増加している今、ペットのウンチをどのように処理するべきなのか、各自治体は指針を明らかにしてほしいと思います。

どうしたらいいかわからない人が多いことが、放置ウンコが増えている原因のひとつだと思います。

最終的なブログ管理人の考え

以上、色々調べた上で、「現在の」管理人の意見としては、以下になります。

(1)室内でしたウンチは自宅のトイレに流す。庭がある人は、自宅の庭に埋めるか燃やす。

(2)外でウンチをしてしまったら、持ち帰って、ビニール袋にしっかり包んで、普通ゴミの収集の日は普通ゴミに捨てる。

それ以外の日は、ゴミが付着していないウンチのみを自宅のトイレに流し、ウンチがついたその他のものは、普通ゴミで捨てる。(この場合、ウンチが地面につかないように最大限の努力をする必要があります。)

ゴミ収集日まで、大量のウンチをマンションやアパート・一戸建ての室内に置いておくよりは、トイレに流すほうが衛生的であり、ビニール袋などの余計な資源を使わないですむと思います。

自宅のウンチ →  トイレに流す(当たり前ですが、ペットシーツは流しません。)

散歩時のウンチ → ウンチのみ自宅のトイレに流す(石やゴミがついていないもの。)。ゴミ収集日の場合は、普通ゴミに袋ごと捨てる。

(以下、2016年2月追記)

さくらは、散歩時に外でウンチをしています。外で色々なにおいを嗅ぐと便意が高まるようです。

現在の処理方法
・散歩時のうんちは、回収してビニール袋へ入れる。ゴミ収集日に出す。
・自宅のうんちは、ウンチをトイレットペーパーでつまんで、人間のトイレへ流す。トイレシーツは交換し、汚れたトイレシーツは、普通ゴミとして出す。

本当に愛犬の健康を考えた品質の良いドックフードというのは、これ↓だと思います。


4種類(鶏肉・魚・子羊肉+魚・馬肉)のドライフードを送料無料540円でお試しできます。さくらの一番のお気に入りは、チキン(鶏肉)でした。2016年からこのフードをさくらは食べています♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. 徳まる。 より:

    その通りなんですよね。散歩で行った先に放置された犬のウンチがあるとがっかりだし嫌な気持ちもあります。犬と暮らしていてもそうなら暮らしていない人は犬をも憎く思えるかも。
    まずは自分がキチンとする一歩から・・・やっていこうと思っていますが。
    処理はfrancさんとほぼ一緒だと思います。家ウンはトイレに流し散歩ウンは生ゴミとして処分しています

  2. ひろみ より:

    francさんこんばんわ。
    ペットのウンチはほんと難しい問題ですよね。
    うちも去年ガレージにウンチ放置されて困ったし、
    すごく不快な思いをしました。
    これは飼い主のマナーの問題だし、
    もし逆に自分がされたらどう思うかって、
    すごくすごく腹が立ちました。
    その件もあり、さらに本で読んだのもあり、
    うちのメープルはさくらちゃんと同じく、
    おうちでウンチをさせてます。
    朝と夕方ウンチをしてから散歩出発です。
    あと、うちも週2回のゴミ収集だから、
    ウンチはトイレに流してます…。
    最初はゴミに出してましたが、
    とにかく臭いし、ゴミの量が半端じゃなくて…。
    francさんのおっしゃるとおり、
    衛生面・資源の無駄遣いの面でも、
    その方法が私もベストだと思いますよ♪

  3. franc(管理人) より:

    徳まるさん
    コメントありがとうございます♪
    犬をカワイイと思っているのは犬好きだけだと思います。
    犬が大嫌いな人はたくさんいます。
    犬を飼うなら、人に迷惑をかけないように飼うべきと思います。
    ウンチの処理方法が同じなのですね。これ以上、良い方法があったら教えてもらいたいものですよね。
    ひろみさん
    コメントありがとうございます。♪
    そうですよね。腹が立ちますよね。
    ひろみさんとも処理方法が同じとのことで、きちんと考えている犬の飼い主のウンチ処理方法の行き着く先はこの方法なのかな、とも思います。
    francの居住区(大阪市)では、来年から「ゴミのマナー」という各家庭に配られる冊子に、ペットのフンの処理方法について、記載することを検討するとのことですが(電話して担当者に確認しました)、それは、普通ゴミとして出す、という方法だと思われます。
    犬のフンを人間の居住区にビニール袋に入れて、普通ゴミの収集日まで保存しておくという全く現実的でない(室内が悪臭で満たされる+非衛生的)処理方法を言ってのける環境事業局の言い分を理解できません。
    たとえ、その方法をマナーとしたとしても、現実的でないため、結局は、違法であるトイレに流す方法を選択するか、放置ウンコとするか、最近問題になっているコンビニや公園のゴミ箱にビニール袋に入れたウンチを捨てる方法になるのは目に見えているように思います。
    現実的な指針を示して欲しいですが、そのような指針がない今は、各自がベストと思う方法で処理するしかないですよね。

  4. みなな より:

    こんにちは。
    これは本当に難しい問題ですね。
    うちのワンコは大抵外でするので、トイレットペーパーに包んで持ち帰りトイレに流していましたが、それが違法になるとは初めて知りました。
    「各自がベストだと思う方法で処理」していくしかないのでしょうね。
    徳まるさんのおっしゃるように、私も散歩先で放置されているのを見ると本当に嫌な気分になります。犬を愛する方の中にこんな事を平気でする方がいるとは、本当にガッカリです。

  5. franc(管理人) より:

    みななさん
    こんばんは♪
    そうですよね。がっかりです。
    飼い主には、自分の犬を可愛いがるだけでなく、環境にも配慮していただきたいものです。
    フランスのように犬のフンを放置すれば、罰金を課せばいいと考えています。
    モラルが高い人と低い人が混在しているので、立て札だけでは改善されないと思っています。
    フランスでは、犬の放置ウンコが社会問題となり、飼い犬の糞を路上に放置した場合の罰金が 183 ユーロ ( 約 2 万 7000 円 )となってています。 罰金制を導入してから、フンを持ち帰る飼い主は数%から70%以上にまで向上したとのことです。悲しいことですが、これくらいやらないとダメということですね。