肛門しぼり

トイプードル5ヶ月子犬のさくら
ほぼ毎日シャワーを浴びさせているのに、
時々、魚のような臭いが肛門からするときがあります。
そういうときは、肛門しぼりです。
今まで3回肛門をしぼりました。
結構力がいるので、肛門しぼりの担当はだんな様です…。


トイプードル5ヶ月子犬のさくらの肛門
犬の肛門は、しっぽを持ち上げると見えます。
犬の肛門腺はこのへんです。。4時と8時の位置です。
犬の肛門には、肛門腺という悪臭(魚臭?)がする分泌物が入った袋があります。
その分泌物は、自分で掃除できる犬もいるそうですが、
トイプードルは、自分では掃除できませんので、
定期的にその分泌物を除いてやらないと
肛門腺が膨らんで、炎症を起こしてしまうそうです。
肛門をしきりに舐めていたり、こすりつけたりしていれば
炎症を起こしているサインかもしれません。
さくらは、そのような症状はないのですが、
私が毎日におってチェックし、臭いような気がしたら、
肛門をしぼるようにしています。
初めてしぼったときは、肛門腺の位置がわからず、
肛門腺の絞り方もわからず、苦労しました。
さくらも大暴れでしたし。
嫌がって、嫌がって、ぐったりしたところで再度挑戦しました。
絞り方は簡単です。しっぽを持ち上げたままで、
肛門の少し下から、肛門部分をぎゅっとつまんで、
肛門(上)へ向かって、指を移動させます。
歯磨き粉の最後を搾り出すような感じですかね。
すると、緑色?茶色?ようなドロリとして液体が出てきますので、
即座にシャワーで流します。
出てきた瞬間に流していますので、
臭いは嗅いでいませんが、
外に出てきていない状態で、かなり臭いですから、
外に出てきた分泌物は、想像を絶する臭いかもしれませんね…。
さくらの場合は、だいたい2~3週間に一度くらいやっています。
犬の健康のためには、まめにしてやることが大切だと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク