お風呂

トイプードルさくらお風呂に入る
散歩の後は、必ずお風呂に入れます。
シャワーを浴びた直後のさくら(↑)は、長老みたい。
口の横の毛が水の重みで下がって、仙人のようです。
最初にシャワーを浴びさせたときは、
????
これってさくら??
と思うくらい、異常にやせ細って見えました。
ドライヤーで乾かして、フワフワの毛が戻ったときには
「あ~。やっぱりさくらだった♪」と
ほっとしたものです。
フワフワして見える子犬の体は、本当は細いのです。


お風呂といっても、洗面所でお湯のシャワーをかけるだけですが、
さくらはシャワーが大嫌い。
最初の頃は、プルプル・ガクガク震えていました。
今は震えることはありませんが、しっぽが下がって、
テンションが低~い感じです。
毎日お風呂に入れるので、
犬特有のにおいは、ほとんど全然ありません。
人間の体臭のほうが臭いくらいです。
2~3日シャワーを浴びていないと、
子犬のにおい(「さくら臭(しゅう)と呼んでいます…」)が、
直接クンクンすると、感じます。
お散歩デビューをして2週間くらいは、
1週間に2回くらいのお散歩をしていましたが、
その後は、晴れている日は毎日1~1時間半くらいお散歩をします。
そして、家に帰るとすぐに、洗面所に直行します。
お湯の温度を37度に設定して、
シャワーで足の裏、脚、しっぽの裏、お腹、背中、首、顔と順番に
お湯をかけます。
特に、顔にお湯がかかるのが大嫌いで、大暴れしますが、
外で色んなものを1時間以上クンクンと嗅いでいるため、
口・鼻の周りは、綺麗にしておきたいのです。
お風呂上りは、興奮していて、
体中を震わせて水分を飛ばしますが、
その前にタオルで水気をとってしまいます。
体をぶるぶるした後は、
床に置いてあげたタオルに鼻先や体をこすり付けて
大暴れします。
最後はドライヤーで仕上げますが、
ドライヤーにすごい反応をします。
ドライヤーの風に向かって、口をカパっと開けて、
唸りながら噛み付こうとするんです。
目がやけどしては大変なので、
目に温風が当たらないように注意します。
フワフワの毛になったら、終了です。
ご飯をあげると、だんな様が帰ってくるまでは、
ほとんど眠っています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク